かさばった借金をカードローンで借り換え

銀行系キャッシングの評判を考える

何も金融企業に限った話ではないですが、有名な存在は良いにしろ悪いにしろ勝手な評価をつけられてしまうものです。しかし、火のないところに煙は立たないとも言いますし、借りるときにそういった情報を知っておければ、有利にキャッシングを選べるのではないでしょうか。

今回は、個別の会社ではなく、銀行系キャッシングの評判の一部を見たいと思います。

第一に、金利の低さを提示することが出来るでしょう。その他いくつもの大手は存在しますが、銀行系のキャッシングはワンランク低い金利であるのです。やはり、潤沢な資金、むしろ、銀行の後ろ盾が有るからこその特徴なのでしょう。

第二に、使用出来るATMの数があげられるでしょう。コンビニのATMを使えるのは今となっては何処でも同じように感じますが、地方では町に必ず一つはあるであろう銀行の方が利便性が高いこともあります。また、系列の銀行であれば契約から入金、返金まで同じ場所で行えるメリットもあります。

また、デメリットとしても上げられるのですが、審査の厳しさも取り上げておくべきでしょう。そもそもキャッシングの審査はその人物に返済能力があるのかどうかを見るものですから、銀行系の審査を2、3受けて受からない場合には、自身に返済能力が欠けていると自覚して諦めてしまうというのが万に一つの破産を防ぐことに繋がっているかもしれません。

これらの意見は個人の受けた感想であることは間違いないのです。しかし、注意してほしいのですが、あくまでも他人の意見は他人の意見でしかないということです。全く違う感想を持つ人も居るでしょうし、貴方自身がそうかもしれない。それを念頭に置いて貰いたいのです。

新生銀行カードローンレイクの風評

新生銀行カードローンレイクはもともとあったレイクが新生銀行の子会社化し、新生銀行の事業の一つとして名前だけが残っている状態です。もとからあったレイクの施設は新生銀行の施設として改装され、子会社化する前の契約も継続して残ってはいます。

さて、今回はそんな新生銀行カードローンレイクの評判を考えてみましょう。

普通はその企業企業で特有の良い点や悪い点が出てくるものなのですが、この新生銀行カードローンに関してはなぜか銀行系カードローンであればよく有るであろう平平凡凡な意見をよく耳にしました。新規にやりなおしたばかりでまだ企業の特徴が出ていないのか、あるいは、使用者たちですらまだその特徴を掴めていないのか。

悪い意見としてよく見かけたのは、総量規制についての言及で新生を却下されたという話です。ここでよく聞く悪態は銀行系である今現在のレイクでは総量規制は関係ない筈であるということです。ここで話題に上がった総量規制とは、貸金業法の改正で交付された決まりで、年収の3分の1以上の借り入れを行う事も受けることも禁止したものです。しかし、この法には穴があり、銀行の融資はこの制限額には含まれないのです。ということは、新生銀行カードローンレイクもこの総量規制は関係ない筈です。何故そんなことを聞かなければならなかったというのでしょうか。

実はきちんと理由があります。それは、確かに銀行からの融資は総量規制には引っ掛からないのですが、既に銀行以外から総量規制にかかる程度の融資を受けていた場合にはもう融資を行えないという事実です。例え銀行系であったとしても既に限度いっぱいの人に融資は出来ませんし、銀行系の審査の厳しさを鑑みれば必然であると言えるでしょう。

カードローンからキャッシングまで、プロミスの評判

何も金融企業に限った話ではないですが、有名な存在は良いにしろ悪いにしろ勝手な評価をつけられてしまうものです。しかし、火のないところに煙は立たないとも言いますし、借りるときにそういった情報を知っておければ、有利にキャッシングを選べるのではないでしょうか。

今回は、大手銀行系の中でも人気のあるプロミスの良い評判の一部を見たいと思います。

第一に、限度額引き上げの速さです。審査の速さも売りの一つですが、融資額を増やすペースは他社とは比べることも出来ない程に速いようです。最近ではスピード審査なんてものは大手キャッシングサービスやカードローンならば当然のことですから比較するのも間違いかもしれません。

とりあえず言えることは、通常3ヶ月程度では融資額を増やしたり出来ません。契約の更新を待ったりしていれば最低でも1年はかかりますし、自分から増額申請をしたとしても信用履歴がそうそう早く確立される訳でもないので普通は確実に無理なのです。額としては10~20万程度の増額だそうで、初期で20万の融資額だったとするのならば、単純に倍額に増えていることになりますし、他社には無い大きな特徴です。

また、プロミスは接客対応にも力を入れていると言えるでしょう。素早く、親切に、丁寧に、親身になっての対応する姿勢は評価に関しての口コミサイトでも覗けば簡単に見つけられるでしょう。融資前に現在抱えている金銭の絡んだ問題を相談をしてしまうことも十分に考えら得るでしょう。

さすがに人気のあるキャッシングだけあって、悪い意見も確かに存在します。そういうものも個人の受けた感想であることは間違いないのです。しかし、注意してほしいのですが、あくまでも他人の意見は他人の意見でしかないということです。全く違う感想を持つ人も居るでしょうし、貴方自身がそうかもしれない。それを念頭に置いて貰いたいのです。

カードローンを延滞してしまった場合

カードローンに限らずですが、返済を延滞してしまうとブラックリストこと事故情報に記載されてしまいます。こうなってしまうと、返済するまで新たに借り入れを行うことは出来なくなりますし、返済しても再び借り入れが可能になるまでに二、三日かかります。その上、例え返済が終了しても限度額の引き上げなどは絶望的ですし、他社での借り入れは基本的に門前払いになることはまず間違いありません。

他人から何かを借りたら期日までに返すのは人間としての常識ですし、それがお金であるのであればなおのこと気をつけるのはもはや義務と言っても過言ではありません。

しかし、人間で有る以上は何かを忘れてしまうということもあり得ることです。むしろ、全くミスをしない人間も居ない訳ですから一度位、それも一日位のミスも許してもらえないのは厳しすぎるかもしれません。

実際問題として、返済が遅れてしまった場合にはどうすればよいのでしょうか。

答えは単純明快、気づいたらすぐに担当者に連絡し、さっさと返済することです。

カードローンなどの場合には、金融企業は保障会社と契約しているのであまりに返済が滞った借り手が居る場合に保障会社が返済額を代替えします。その後保障会社が返済額を徴収することになります。

この場合に、損害補償金が発生するのですが、この金利は通常の金利と比べれば二度見してしまうほどに高額であるのが普通です。これはもう損しかしません。金融企業自体は保障会社から保障を貰っているのであまりに遅れた時には自分から連絡はしてくれません。返済が遅れてしまえば確実に損害補償金は発生してしまいますが、なるだけ早く返済しましょう。

ブラックリストに載るとカードローンは使用できない

大抵の場合、だいたいの人間はブラックリストという言葉に良い印象は抱かないでしょう。そもそもブラックリストとは要注意人物や危険人物のことですから仕方のないことでしょう。

ちなみに、よくキャッシングやカードローンにはブラックリストというものは存在しないという記述を見かけますが、これは簡潔に説明するならば嘘です。確かに、返済の遅れなどを金融企業全体に教えるものは事故情報というもので、ブラックリストという名前ではありません。しかし、そこに記載されればその後の利用が絶望的である点と、金融企業内で俗にブラックと呼ばれている点を鑑みれば、本来の名前など関係は無く、間違いなく我々が考える正しい意味でのブラックリストであることが分かります。

さて、このブラックリストこと事故情報というものは主に返済の遅れなどから個人の信用を図るものですが、実は過払い請求を行った場合にも記載される場合があります。これは過払い請求が債務整理の一種として記録されることがあるからで、この場合でも限度額の増額や融資を行う上で問題が生じる場合があります。きちんと相談しておかないと返金どころか痛い目を見る羽目になるかもしれないとういことです。最近ではそこまで騒がれていませんが、気にしておいても損は無いでしょう。

事故情報は各個人にずっと付きまとうものではなく、これまでのデータの集合でしかないので、実は一生消えないものでは無かったりします。五年から十年の期間で古いデータが処分されたいくので、返済延滞から借り入れが出来なくなっても十年後にはまた借り入れが出来るようになるかもしれません。

それでも、現在のようにカードの普及した時代、ブラックリストに載らないことが一番であることは間違いないのですが。

カードローンの限度額増額方法と基準

個人向け融資において気になることの一つは限度額の増額ではないでしょうか。そもそも申し込みの段階で本当に借りたい額の全てを借りられていなかったとか、既に今現在の限度額まで借りているがもう少し要り用になったとか、理由自体はいくらでもあるでしょう。

少し脱線した話ですが、一社からで多額の融資を受けられないからと言って数社から融資を受け始めると、相対的に借りれる金額が低くなり、ひどい場合にはブラックリストに載ってしまうこともあり得ます。出来るのであれば、限度額を増やす努力をした方が賢明でしょう。

さて、本題の増額方法ですが、自分で申請するという方法が有りますが、基準さえ満たしていれば向こうから電話で増額の話が出されることや、いつの間にか限度額が上昇している場合があります。

では、その限度額上昇に必要な基準とはなんでしょうか。

答えは簡単なことで、本人の返済状況が全てです。確かに、収入やその他の要因が初期の限度額に影響を与えるのは確かですが、限度額の上昇に関しては返済能力さえあれば信用次第でどうにでもなります。

本来、融資を行っている側は貸す額が多いほど返済額が増えて嬉しい訳ですから、限度額の上昇自体は悪いことではないのです。しかし、貸したとしても借り手が返済出来ないのであれば貸し損です。ならば、きちんと返せる人間に多く融資することは理にかなったことであると理解できるでしょうか。

これを裏返して言うのであれば、過去に一度でも返済が遅れたりした場合には増額はほぼ不可能であるということを理解しなければいけません。

少し意味合いは変わりますが、カードローンの場合、カードを作っても全く利用していない場合にも増額は望み薄です。これは、相手がきちんと返済できるかどうか融資を行う側が把握出来ない為です。

きちんと利用してきちんと返済する。これさえ出来れば増額もそう夢物語ではないでしょう。

カードローンの体験談は良い話ではない

カードローンは簡単に借りれる上に金利も比較的低い。だからこそ、すぐに返せると踏んでついつい借り過ぎてしまうことはよくあること。

ついつい借り過ぎてしまうと、その金利も相まってすぐに限度額まで届いてしまうのもまた道理というもので、借りることに慣れてしまった借主は新しいカードローンの契約を結んでしまいます。

そのようなサイクルを繰り返すことで、いつの間にやら新しくカードを作ることも出来なくなり、増えすぎたカードローンの返済の為に入った給料はそのまま返済に消えていくように。

数の増えたカードローンは返済しても返済しても利息を払うばかりで元金は全然減らず、次第に返済も滞るようになり、最終的には自己破産を選択することになる。

いかにカードローンが便利で使いやすかったとしても、無計画に使い続ければ破産することは必然であり当然。どんなに優秀なシステムであろうと、人間の自制心がそう大層なものではない以上は多くの人間が破産することになる。

カードローンに限らず、キャッシングなども、現代においては普通の資金調達手段であるとうそぶいているが、人間はそこまで高尚な生き物でないし、ひたすらに楽な道を探求する怠け者な生き物では有る。そんなものが、どうして働きもせずに物欲を満たせる手段を得て理性を保てるというのだろうか。

願わくば、きちんと理性をもった人間だけが融資を利用してもらいたいものだが、高望というものだろうか。

総量規制からすり抜けているカードローン

貴方は総量規制というものをご存じでしょうか。ここで言う総量規制はバブルにトドメを刺した1990年の行政指導の話ではなく、賃金業法で2010年に施行された過剰貸し付けの抑制のこと指す言葉です。これは、一部の例外を除いて年収の三分の一を超える貸し付けを禁止するものであり、利用者の保護を目指したものであります。

しかし、これではそれ以上の借り入れが不可能になり、自己破産するほか無いような人も出るように見えます。

一応、例外の中には、返済の為の乗り換えを理由に借り入れを行う場合には、三分の一を一時的に上回っても構わないとされていますし、本当に緊急で医療費が必要な場合には三分の一を超える状態の借り入れになっても良いことにはなっています。

加えて、住宅ローンや車のローンは返済の目処が立つのであれば、この項目からは除外されることにはなっているので、多少の自由度は確保出来るかもしれません。

でも、これでは根本的な解決にはなっていません。いかに利用者のリスク回避の為と言っても、これでは困りものです。では、本当に限界まで借りてしまっている人は諦めるしかないのでしょうか。

実は方法が残っているのです。

銀行および銀行系の融資はこの収入の三分の一という制限に引っ掛からないのです。もちろん、その他のところで年収の三分の一以上借り入れている場合にはそれ以上の融資を受けることはできませんが、銀行での融資に限るのであれば制限を超えても全く問題が無いのです。

これは銀行系のカードローンであっても共通です。大手のカードローンは銀行系な訳ですが、そのどこであっても、総量規制の制限に縁が無いのです。

人に親切にしても結局カードローン借り換えがきつくなるだけと知った

栃木県在住 I.Sさん(31歳)
人に優しくするのは人として当然のことかもしれません。しかしあまりにもそれが行き過ぎると、優しくすることで相手のことを傷つけてしまったり甘やかしてしまったりすることもあります。また優しくすることで自分が傷ついてしまったりすることもあります。

私が経験したのは人に親切にしたおかげで、自分が傷ついてしまったということです。まさかとは思いましたが、こういうこともあるんだなと思って、今では少し昔よりも警戒しながら相手を選んでいます。

客観的に意見を聞けば「そんな事しなくてよかったのに」と言われるかもしれないけれども、私は困っている友人を助けたかったのです。高校時代の友人と久しぶりにあって、飲みに行く事になった時に「お金を貸してくれ」と言われたんです。

私もそこまで裕福ではないですし、お金もそこまで持っていません。でも友人が困っているならカードローン借り換えをしている今でもお金を貸してあげたらいいかなと思ったんです。もう友人はどこからも借りることができないと言っていましたから。

それに比べたら自分は枠にかなり余裕があるし、カードローン借り換えをしているので、返済などもそこまで難しくないだろうというふうに思って貸したのです。友人は「ありがとう!」と何度も言っていました。私もいいことをしたと思ったんですが…

それからというものその友人からは連絡もなくて、携帯電話も繋がらなくなってしまいました。結果的にどこかにお金を持って逃げられてしまったのでしょう。確かにどのくらい困っているかなど、細かな話はしていなかったので、そうかもしれません。

結果的にカードローン借り換えをしている口座に借金が増えただけで、自分で返済しなければならない分が増えてしまったことになります。これでは正直者が馬鹿を見た結果になりますが、もっと気をつけていればという友人もいます。

それでも人を信じたいんですよね、私は。ウソじゃないと信じたいんですよ。昔からの友人ほど特に。

痩せからの持病があるのでカードローン借り換え後ずっと使っている

茨城県在住 F.Bさん(29歳)
私は人が見ても自分でもわかるくらいに、ガリガリに痩せています。痩せているのはいいなぁという女の子もいますが、やっぱり男ならある程度筋肉が欲しいです。でも食べるのもすぐにお腹いっぱいになってしまうし、運動をしてもすぐに疲れてしまって筋肉がつかないんですよね。

昔から痩せているから、それは仕方ないことなんだろうと思っていましたが、大人になってからというもの痩せていることから来る病気というのが幾つか発症してしまいました。世の中肥満の人が多いと言われて、肥満を防止すべきと言われていますが、危険性で言えば痩せの方が大きいのです。

ある統計では痩せている人のほうが太っている人よりも寿命が短いというのが出ていたそうですから、痩せていたら健康というわけではないのです。私は何度か病院で入院するまでになったこともあるので、痩せの怖さというのを知っています。

実際に入院するようになった時にカードローンを幾つか使ったことがあるんですけど、あまりにもいろんなカードローンを使っていたので、最近は一括でまとめることにしました。いわゆるカードローン借り換えなんですけど、これは金利も下がるし便利でした。

カードローン借り換えをした後にもまた数日間だけですが入院することになったんです。その時にはまたここから借りることもできましたし、カードローン借り換えをしてからというもの、ここを拠点にしようと思って今も持っています。

しかしほんとに便利ですね。今まで何枚もカードを持つハメになっていましたが、今は1枚でいいんですから。それに1枚だけで十分な高価がありますし、金利もかなり安く住んでいるので、私としては大満足です。もっと早く知りたかったくらいです。

とりあえず痩せからくる病気が治るまではこのカードローン借り換えをしたカードで耐える事はできると思います。しかし根本的には早く標準の体型にすることが求められているので、頑張って太らないと…というのが現状ですが。